テニス

テニスで上達しない小中学生のための「ジュニアテニス上達革命」

目安時間 6分
テニスの練習風景
  • コピーしました

ジュニアテニス上達革命DVDとは?

 

ジュニアテニスはコーチの指導法・手腕によるところが大きい

その練習方法・指導方法は本当にあってますか?

ジュニアテニスは指導者による影響力が大きく、その練習方法によって選手のレベルに大きな差が出てしまうことがあります。

実はジュニアテニスの指導法や練習法は、教本やyoutube動画など数多くありますが、そのほとんど全ては平凡な普通の方法でトップレベルを目指すものではありません。
そればかりか間違った常識に基づくものもあり注意が必要です。

ジュニアテニスでの上達の秘訣は超一流のコーチ・指導者の教えを受けることです、直接指導が叶わなくても、それを別の形で可能にしてくれるのがDVDです。

ここで言う超一流の指導者とは、全国大会などで優勝するレベルの選手を育てているという実績がある人物のことを意味しています。そこそこの全国レベルでは超一流とは言えません。

「ジュニアテニス上達革命は」全日本ジュニア優勝、高校インターハイ優勝、全日本代表チーム選出など、小中学生のテニス強豪選手を数々生み出している、サンライズテニススクールの佐久間コーチが指導しているDVDで、まさに超一流指導者の教えが受けられるDVDVDです。

このDVDの公開は新譜として2020年10月28日にリリースされました。

ジュニアテニス上達革命~全国大会優勝・ベスト4以上の選手が実践する練習内容と選手育成術~【テニスサンライズ朝露ヘッドコーチ 佐久間崇弘 指導・監修】

 

このサンライズテニススクールでは入会した、それまでは普通の小中学生が全国レベルで次々に圧倒的な勝率を残せるようになっています。

サンライズテニススクールの佐久間崇弘コーチは独自の練習法と選手育成術で数々の実績をあげています。

それもただヤミクモに長い時間練習を繰り返すのではなく、ほかの指導者がみたら目からウロコが落ちるような衝撃的なものが多いという事実があります。

また選手たちがのびのびとミスを恐れずに、楽しみながら練習できる環境づくりも大切だと説いています。

 

ジュニアテニス上達革命のサンプル映像の画像

DVDでは数々の得点力アップのためのショットやボレーの打ち方が学べます。

例えばラファエル・ナダルが多用する「ウィンドミル」の打ち方、ジュニア憧れのスーパーショット「ジャックナイフ」の打ち方など、これをおぼえるとやる気が俄然と違ってきます。
その秘訣が学べるのがサンライズテニススクールの佐久間コーチの指導のDVDになります。

ジュニアテニス上達革命でできること

ジュニアテニスの指導者の悩みを解決する

ジュニアテニス指導者や親御さんが悩んでいること

指導しているジュニア選手がなかなか上達しない

同じ練習をしていても自分の子供だけ上達しない

地元ではそこそこだが全国レベルには遥かに届かない

実績のあるコーチの練習方法・指導方法をこっそり知りたい

練習でのショットミスが多い、なかなか減らない

精神力だけでは、最後まで踏ん張れず勝ちきれない

従来のジュニアテニスの一般的な練習法を変えることで悩みが解決できる

上達できる子とできない子との大きな差ができてしまう理由とは?

その先のレベルアップへの効果的な練習方法・指導法がある。

ミスに対する考え方が間違っている。

少しだけレベルの高い練習で選手のレベルが劇的に上がる。

「普通の小中学生を全国トップレベル選手に成長させた佐久間コーチの指導法」このノウハウがあれば今まで一般的な指導法で教えても上達できなかった選手達もぐんぐん上達させられ、上記なような悩みも大きな希望に変えられることと思います。
得点を決めるショットだけでなく、サーブやレシーブなどの基本ショット、ウォーミングアップを兼ねたラリー、さらには自宅で1人でできる練習法などたくさんのノウハウが詰め込まれています。

ジュニアテニスでは日々のメンタルな練習環境を整えることも上達への道

全日本ジュニアに出場するレベルの選手はが日々楽しみながら練習している。
簡単な練習はほとんどやらない。
ミスに対して許容する、ミスが出るのは当たり前。

「ジュニアテニス上達革命」のDVDではミスショットも一切編集カットすることなく収録されています。

ミスショットも含めて全日本ジュニアに出場するような強豪選手になるためには重要な練習要素と考えて活用してください。

 

佐久間コーチのDVDではどのような練習商法が公開されているのでしょうか?

難易度の高いライジングショットの利点

筋力の弱い女子選手や小学生でも相手のボールの勢いを利用しより強いショットが打てるようになる
強いショットは得点力アップにつながる

ライジングショットが打てるようになる3つのポイント

ボールのスピードや飛んでくる高さから自分がどこに入って打つかを瞬時に判断する

普段の練習からボールの位置を予測する習慣をすることが重要

ボールの高さに合わせてコンパクトにスイングする

高さに合わせてできるだけテイクバックをコンパクトにする
相手のタイミングをずらす

前後の判断を意識しながら高い所に入り込んで打つ

ボールが低いところでなく高いところに入り込んで打つ練習をします。
これが相手に時間を与えないことで速い攻撃ができるようになります。

ライジングショットのポイントを知らないだけでシンプルに得点パターンを一つ失うことになります。

 

  • コピーしました

   テニス 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報